文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2009年07月03日

アフガン駐留米軍、最大規模作戦の呆れた理由

 アフガン駐留米軍は2日早朝から、タリバーンが事実上支配する同国南部のヘルマンド州で過去最大規模の作戦を開始した。NATO軍機が空から支援するなか米海兵隊4,000とアフガン国軍650の兵力を投入した。

 師団長のラリー・ニコルソン准将は「これまでの作戦とは比較にならないほど大規模」と豪語し、海兵隊将校は「ベトナム戦争後、最大級の(対ゲリラ)陸上戦」と胸を張る。眉唾ものの誇張だが、オバマ大統領就任後、最大規模の作戦であることは間違いないだろう。

 大規模作戦を展開する理由は8月20日に予定されている大統領選挙に向けた治安回復だ。春に予定されていた大統領選挙は治安の悪化を理由に延期された。41人が立候補しているが、現職のカルザイ大統領の再選が有力視されている。

写真
戦乱が絶えないアフガンの大地。男性の人生で平和な時はどれ程あったのだろうか(カブール郊外で。写真=筆者撮影)

 だがアフガニスタンは過去最悪の治安状況となっており、「カブール市長のカルザイ氏」は定着した感さえある。米国は前ブッシュ政権によってインストールされたカルザイ大統領が見かけだけでも全土を統治していることをアフガン内外に示さなければならない。

 このための大規模作戦だが、急場しのぎに過ぎない。タリバーンに巻き返されるのは時間の問題だ。

 アフガニスタンを暗黒国家にしているのは、麻薬と汚職だ。金さえ積めば凶悪犯でも脱獄できる。役人は末端に至るまでワイロを要求し公金を掠め取る。金の源泉は麻薬(ケシ)だ。この麻薬ビジネスに君臨するのがカルザイ大統領の実弟で、カンダハル州議会議長のアフマド・ワリ・カルザイ氏と言われている。

 大統領の実弟がタリバーンの聖地であるカンダハル州で州議会議長を務めるというのも摩訶不思議だ。タリバーンの資金源であるケシの密輸で、アフマド氏が兄のコネを使って便宜を図っているとの噂が絶えない。

 汚職まみれの政権を支えることは暗黒国家の闇を深くするだけだ。大規模攻勢をかければ誤爆が起き、人々の反米感情はさらに強まる。タリバーンやアルカイーダを利するだけだ。最大規模作戦が聞いて呆れる。


アフガニスタンから世界を見る

posted by 田中龍作 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アフガニスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。