文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2009年07月07日

コソボ戦争で敵兵の臓器摘出、闇市場へ

 民族浄化の嵐が吹き荒れたコソボ戦争でアルバニア解放軍(KLA)の兵士が、セルビア兵捕虜の臓器を摘出し海外の闇市場で売りさばいた、との疑惑が浮上している。

 国連の旧ユーゴ戦犯法廷で主任検事を務めたカルラ・デラ・ポンテ氏も重大な関心を寄せており、欧州委員会は真相解明に乗り出した。

 ポンテ元主任検事は信頼できる筋からの情報として以下の事実を明らかにした――。

 “臓器摘出手術”が行われたとされるのは、コソボ‐アルバニア国境の山中にある一軒の農家だった。白い石造りの壁に山吹色の屋根。この地域のあちこちで見かける典型的なアルバニア人ハウスだ。コソボ戦争中(1994〜99年)、KLA兵士がセルビア兵捕虜数百人をアルバニアに連行した。うち何人かの捕虜はこの農家に押し込まれ臓器をえぐられた。臓器はアルバニアの首都ティラナ近郊にある空港まで運ばれ国外に密輸された。

 生きたままだったのか、殺された後だったのか……。

 国連は04年に調査団を送ったが、結論は出なかった。カタールに本部を置く衛星放送局『アル・ジャジーラ』はこのほど調査報告書を入手した。「『アル・ジャジーラ』とコソボ戦争と何の関係があるの?」と首をかしげる読者もおられると思う。コソボ戦争は十字軍の戦いを現代に持ち込んだようなキリスト教徒とイスラム教徒の凄惨な戦争だった。イスラム圏に多大な影響力を持つ『アル・ジャジーラ』が取材を進めているのは、このためだ。

写真
セルビアを空爆したクリントン大統領の写真がビルにプリントされていた。米大統領がイスラム地域で英雄視されるのは皮肉だ(コソボの首都プリシュティナで。写真=筆者撮影)


 取材クルーは件の農家を訪ねた。近くの小川には注射器を入れるプラスチックケース、洗浄器、筋肉弛緩剤などが捨てられてあった。いずれも外科手術で使うものだ。

 農家の主でアルバニア人のカトチ氏は「コソボ戦争中、私たちはずっとこの家にいたんだ。(臓器摘出なんて)根拠のない話だ」と疑惑を真っ向から否定した。

 小川の医療器具や薬品について問うと「ここは医者がいない。我々が注射器や薬を使って捨てたんだ。臓器摘出などできる能力は我々にはない」と重ねて否定した。インタビューの最中、KLAのスカーフを被った妻は無慈悲な視線で取材クルーを見つめたままだった。

 元KLA兵士で現コソボ政府首相のハシム・サチ氏も記者の問いを強く否定する。

 セルビア共和国の支配下にあったコソボ自治州は、人口のわずか1割のセルビア人が8割のアルバニア系住民を強権支配していた。独立の気運が高まるとセルビアは軍事力で徹底的に押さえ込んだ。アルバニア系住民はいとも簡単に殺されたりレイプされたりした。民族浄化(エスニック・クレンジング)の嵐が吹き荒れたのである。

 人道外交を掲げる米クリントン政権はNATOを動かしセルビアを空爆、コソボから撤退させた。これがコソボ戦争である(94〜99年)。NATO軍の介入で力関係は逆転し、今度はアルバニア系住民がセルビア人を弾圧するようになった。逆エスニック・クレンジングである。アルバニア解放軍(KLA)によるセルビア兵の臓器摘出事件はこうした状況下で起きた。

 欧州委員会はポンテ氏と同じスイス人のディック・マーティー検事を投入して真相の解明にあたる。マーティー検事は東欧に点在していた米CIAの拷問施設を追及した人物だ。

 だが、コソボは現在、アルバニア系住民が支配する事実上の独立国である。「歴史は勝者によって書かれる」の法則が示す通り、KLAの蛮行が明るみに引きずり出される可能性は極めて低い。

 タジキスタン→コーカサス→ブルガリアを経て麻薬の一大消費地である南欧に出る玄関口がコソボである。セルビア兵捕虜の臓器は麻薬密売ルートに紛れて密輸されたとの見方が有力だ。


終わらないユーゴ紛争

posted by 田中龍作 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コソボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。