文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年05月26日

「ギャラを払え」 フリー記者・編集者らがデモ

写真
待遇の改善を求めてデモに出発するフリーの記者、カメラマンたち(25日夕、西神田公園。撮影:筆者)


 「このままでは食べてゆけなくなる」。危機感を募らせるフリーランスの編集者、ライター、カメラマンらが25日、神田神保町の書店街をデモ行進した。

 インターネットの普及などにより出版業界を取り巻く環境は厳しさを増すばかりだ。出版社や編集プロダクションの倒産が相次ぎ、雑誌の休刊(事実上の廃刊)も続出している。しわ寄せを最も受けているのがフリーランスの編集者やライターだ。

 原稿料は景気が良かった頃の半額以下。仕事の量も減っている。さらに深刻なのはギャラの不払いが増えていることだ。

 出版業界で働くフリーランサーのユニオンである「出版ネッツ」には、相談が相次ぐ。内容のほとんどは不払いだという。出版ネッツのベテラン相談員は「不払いを恥ずかしいと思わない経営者が珍しくなくなった」と嘆く。

 こんなケースがあった。あるライターが某中小出版社から単行本を出すことになり、取材・執筆を進めていた。もちろん交通費の先渡しなどない。カメラマンを連れての地方取材も自腹だ。フリーにとっては生半可な金額ではない。ところが校了直前になって出版社から突然「発行中止」を告げられたのである。ライターは多額の借金を抱え途方に暮れている、という。

 このような状態が続けば出版文化自体が衰亡することも十分考えられる。ほとんどの週刊誌・月刊誌はフリーのライターなしではページが埋まらない。単行本も大半はフリーの執筆者によるものだ。
 
 プロの書き手がいなくなれば、魅力的な雑誌や単行本もなくなる。電子書籍の出現と相俟って書店に大打撃を与えることになるだろう。すでに筆を折ったライターも少なくない。コンビニのアルバイトで生活を支える編集者もザラにいる。

 デモ行進の場所を神保町に選んだのも、フリーランサーが置かれている状況を書店街の経営者に理解してもらうためだ。
 
 「ギャラを払え」「結婚さえできないぞ」……。フリーランサーたちの悲痛な叫びが、夕方の書店街に響いた。
posted by 田中龍作 at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フリーの編集者や、個人記者の現状をもっと詳しくかいてくれませんか?
読者と協力して、読者がお金を出し合って、フリーの記者や写真家にお金を出して、記者や、写真かなどに
記事などを書いてもらう、読者·筆者共同組合(生産者と消費者の協同組合)を作ってみたら、どうでしょうか?
それを、電脳網(インターネット)で、発表する。資金支援会員制の電網冊子を作ったら、どうでしょうか?
たぶん、会費が集まらないかもしれないけれど。電網で、呼び掛けて、読者に、資金援助してもらうのは、どうかな? ちょっと、やってみたら、と思う。
Posted by togami yosihiko at 2010年05月31日 19:15
フリーの編集者や、個人記者の現状をもっと詳しくかいてくれませんか?
読者と協力して、読者がお金を出し合って、フリーの記者や写真家にお金を出して、記者や、写真かなどに
記事などを書いてもらう、読者·筆者共同組合(生産者と消費者の協同組合)を作ってみたら、どうでしょうか?
それを、電脳網(インターネット)で、発表する。資金支援会員制の電網冊子を作ったら、どうでしょうか?
たぶん、会費が集まらないかもしれないけれど。電網で、呼び掛けて、読者に、資金援助してもらうのは、どうかな? ちょっと、やってみたら、と思う。
Posted by togami yosihiko at 2010年05月31日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。