文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年06月10日

国民新党切りの菅政権〜「郵政票より無党派層」

 菅内閣は会期延長せず参院選は7月11日に投開票、とする方針をほぼ固めたもようだ。民主党関係者によれば「新執行部は国民新党との選挙協力よりも無党派層を取り込む方向に舵を切った」という。

 “国民新党切り”とも言える大胆な戦術を後押ししているのが内閣支持率の高さである。これが下がらないうちに選挙に突入したい、というのが本音だ。前出の民主党関係者は「参院からの圧力が凄いんだ」と顔をしかめた。

 郵政票は自民党の一部も巻き込んで永田町を熱くさせているが、国民的関心はさほど高くない。民主党執行部は「郵政改革法案」を強行採決して有権者の不評を買うのは選挙にマイナス、と判断したようだ。

 「小沢選挙戦術」は、一票一票を積み重ねる自民党式だった。国民新党としっかり関係を保っておけば、郵便局長会の数十万票がまとまって転がり込む。「小沢式選挙」では郵便局長会は宝のように大事なお客様だった。新政権はこうした小沢選挙戦略も見直すつもりだ。

 菅内閣発足の8日、国民新党と新党日本が院内会派「国民新党・新党日本」を結成した。国民新党は「小沢体制」の方が政権内での存在感があった。新党日本の田中康夫代表は「小沢氏と師弟関係」にあると言われたことも。

 菅政権への「あてつけ」としか言いようのない「国民新党・新党日本」の結成。「小沢氏の了解を得てのことですよ」と会派関係者が筆者に明かした。

 ◇
【読者の皆様】

 いつも拙稿をお読み頂き有難うございます。私儀、田中龍作は現場で見聞きし肌で感じたことを皆様に報告する現場主義を貫いてまいりました。ところが原稿料を頂戴していた会社が現下の不況で事実上倒産し、取材費を賄うことが不可能な事態となりました。
 
 貯金も底をつき、取材を続けることが難しくなっております。コンビニなどでアルバイトをすることも考えましたが、日々激動する政治や社会問題をカバーする時間が取れないことが判明しました。誠に勝手な御願いであることは重ね重ね承知しておりますが、基金を立ち上げることと致しました。救いの手をお待ちしております。

 使途は毎月報告致します。一人でも多くの方に読んで頂くため、会員制をとることは致しません。特定団体等からの資金提供などを受けず、不偏不党の立場を貫くためにも皆様のお力を頂戴し、紙面を充実させたいと考えております。1円からでも10円からでも結構です。心より御願い申し上げます。

名称:『田中龍作の取材活動支援基金』
   (タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン)

■郵便局から振り込んで下さる場合
口座; ゆうちょ銀行

記号:10180  番号62056751


■銀行から振り込んで下さる場合
口座; ゆうちょ銀行          

【店名】ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)

【店番】018 【預金種目】普通預金 【口座番号】6205675
 
posted by 田中龍作 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。