文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年06月11日

事務所経費問題の目クソ・耳クソ・鼻クソ


写真
荒井国家戦略相の事務所はコミック本を経費として計上していた。これで通用するのなら永田町は漫画だ。【10日、民主党本部で。写真:筆者撮影】


 前回(07年)の参院選前、永田町で繰り広げられていた光景が今甦る。3年前の今頃、民主党は自民党閣僚の事務所経費に不明朗な点があるとして国会で華々しく追及していた。

 「ナントカ還元水」で悪名を轟かせた松岡利勝農水相の事務所にマスコミのカメラを引き連れて行ったのは、今をときめく蓮舫議員(現・行政刷新相)だった。今、蓮舫大臣の自宅には自民党議員が報道陣と共に押しかける。

 今度は自民党が逆襲する番だ。参院選挙の公示をさ来週に控え形勢不利な自民党は、事務所経費問題で民主党の荒井聰国家戦略相、川端達夫文科相、蓮舫行政刷新相の3大臣を追及する構えだ。
 自民党は官報で公表される政治資金収支報告書を見て付け入っただけのことで、3大臣にもともと疑惑があったというわけではない。選挙前に「反民主党新聞」のS紙、Y紙や視聴率が取れる話題の欲しいテレビ局をうまく利用している。

 これに対して民主党は10日、3大臣の政治活動に関わる領収書を公開した。報道陣に最も“人気”があったのは荒井国家戦略相の事務所の領収書だ。記者・カメラマンが小山のように群らがった。
 千円ちょっとのタクシー代から100万円を超すホテル(パーティー)使用料まで、公開された荒井事務所の領収書は1千枚をゆうに超える。

 記者団は領収書を貼り付けたノートを一枚一枚めくった。どよめきが起きる。こんなものまで事務所経費に計上しているのかと驚く声だ。「ゲームDVD・パチンコ必殺仕事人」「コミック」「マッサージ」……。

 細野豪志幹事長代理は公開に先立つ記者会見で「自民党のように架空の事務所経費を計上し裏金に充てていたというようなことはない」と胸を張った。

 確かに荒井大臣の領収書には、何百万円もしたナントカ還元水のように値段と品目が不釣り合いなものはなかった。だが庶民感覚では「これが何で政治活動なの?」と首を傾げる領収書がチラホラ出てきた。
  
 ハイエナのごとく領収書を漁る大手メディアの記者たちの姿は滑稽だった。筆者はこう問いかけたかった―「社のハイヤーで女とホテルに行ったことはないのか?」「機密費で接待を受けてるんじゃないのか?」……。

 大手メディアが読者・視聴者から「使途を開示しろ」と言われたら、きっと取材源の秘匿を楯に応じないだろう。自らの情報公開は政界以下なのだ。自民党、民主党、大手メディアは「目クソ・耳クソ・鼻クソ」である。

 ◇
【読者の皆様】

 いつも拙稿をお読み頂き有難うございます。私儀、田中龍作は現場で見聞きし肌で感じたことを皆様に報告する現場主義を貫いてまいりました。ところが原稿料を頂戴していた会社が現下の不況で事実上倒産し、取材費を賄うことが不可能な事態となりました。
 
 貯金も底をつき、取材を続けることが難しくなっております。コンビニなどでアルバイトをすることも考えましたが、日々激動する政治や社会問題をカバーする時間が取れないことが判明しました。誠に勝手な御願いであることは重ね重ね承知しておりますが、基金を立ち上げることと致しました。救いの手をお待ちしております。

 使途は毎月報告致します。一人でも多くの方に読んで頂くため、会員制をとることは致しません。特定団体等からの資金提供などを受けず、不偏不党の立場を貫くためにも皆様のお力を頂戴し、紙面を充実させたいと考えております。1円からでも10円からでも結構です。心より御願い申し上げます。

名称:『田中龍作の取材活動支援基金』
   (タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン)

■郵便局から振り込んで下さる場合
口座; ゆうちょ銀行

記号:10180  番号62056751


■銀行から振り込んで下さる場合
口座; ゆうちょ銀行          

【店名】ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)

【店番】018 【預金種目】普通預金 【口座番号】6205675
posted by 田中龍作 at 01:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもblog、楽しみにさせていただいています。

画像レシートのコミックは
『ライフ』は、すえのぶけいこによる日本の少女漫画作品。漫画雑誌『別冊フレンド』(講談社)に2002年5月号から2009年3月号まで連載されていた。単行本は全20巻。2006年(平成18年)度 講談社漫画賞少女漫画部門受賞。
2007年に、フジテレビ系列で『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』としてテレビドラマ化された(詳細は#テレビドラマを参照)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)
とのことです。
いじめなどが問題になった時代なので、参考書として購入したのではないでしょうか?
同時期にTVドラマ化されているようですし....
Posted by T.Kato at 2010年06月11日 12:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。