文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年07月13日

【エルサレム発】戦争と平和の境目がない国

写真
乳母車を押す妻と繁華街を歩くイスラエル兵(12日、エルサレム・アグレッパ通りで。写真:筆者撮影)


 国民皆兵制のイスラエルでは自動小銃を肩に下げた兵士が、妻やフィアンセと並んで街を歩く光景を当たり前のように見かける。マクドナルドに行けば兵隊さんが彼女と語らいながらハンバーガーを頬張っている。

 絶えず戦争状態にあるこの国には戦争と平和の境目などない。「平和を守るのは軍事力」という思想が人々のDNAとなっているのである。

 1948年、イスラエルが建国を宣言した『翌日』にアラブ諸国はイスラエルに攻め込んできた。第1次中東戦争である。イスラエルは以後4次にわたる中東戦争を全て勝利するのだが、戦争の度に領土を広げている。

 ユダヤ民族は国土を持たなかったために1900年余りの長きに渡ってディアスポラ(流浪の民)となり、行く先々で悲惨な目に遭った。第2次世界大戦前夜から戦中にかけてのヨーロッパでは、民族が根絶やしにされかねないホロコーストまで経験した。

 「国土を守ることが民族を守る」。ユダヤ民族が歴史から得た教訓である。その国土も南北に細長くて狭い。防衛意識は過剰になりがちだ。強烈な防衛意識がパレスチナへの軍事進攻となり国際世論の批判を浴びてきた。

 一方、ガザをコントロールするイスラム原理主義勢力ハマスの側も、イスラエルを意図的に挑発してきた。イスラエルは当然報復する。暴力の連鎖が市井の人々にもたらす苦痛をパレスチナとイスラエルの両方からリポートする。
posted by 田中龍作 at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ(ガザ・西岸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。