文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年08月17日

猛暑―熱中症からはこうして身を守る


 猛暑の中、熱中症による事故が相次ぐ。16日には都内だけで125人が救急搬送された。うち5人が重症だという(東京新聞)。全国の死者は今月8日まで118人にも上る。こうなると災害と呼ぶしかない。

 「猛暑の日こそ外に出る」のが筆者の生活術だ。「外に出る」と言っても炎天下をさまようという意味ではない。戸外には涼しい所がいくつもあるので、それをうまく利用するのだ。先ず、市役所・区役所のロビー。ここは何時間いても文句を言われない。次にスーパーなどが入る複合施設。ここは閉館自刻まで涼める。腰掛ける場所を探すのにちょっと苦労するが、うまく確保すれば楽天地だ。

 筆者は取材に行く際地下鉄に乗ることが多いが、わざと遠回りして長時間乗る。地下鉄は冷房がよく効いているからだ。

 地下鉄の山手線にあたる大江戸線はホームも冷房がよく効いている。東京メトロの赤坂見附駅のように外気と余り変わらない位に暑いなどということはない。大江戸線で目的地に行くのに逆回りで行くと長く涼める。冷房が効いた車内で30〜40分間も居眠りすれば疲れもとれ汗も引く。

 万物を焼き焦がすように照りつける太陽の下、家庭用のエアコンは効きが悪い。無理して設定温度を下げたりすると故障する。何より電気代がもったいない。

 無料で涼める場所や施設を見つけ、自宅では昼間エアコンは使わない。貧乏人が熱中症から身を守る術である。


posted by 田中龍作 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 貧困 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。