文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年09月09日

菅、小沢両候補が中間派議員のために討論会〜詳細決まる



 14日投票の民主党代表選挙で「どっちに入れよう」と悩んでいる中間派議員のために菅、小沢両候補本人の政策を聞く討論会が開かれることは拙ブログ(3日付け『菅VS小沢』究極の選択…)でも紹介した。討論会(主催:政策論議による代表選を実現する会)の詳細が決まった。

 ●日時:9月10日(金」)午後3時45分〜午後5時30分

 ●場所:衆議院別館講堂

 ●コーディネーター:山口義行・立教大学教授

 ●質問項目:

1、マニフェストについて
マニフェストを実現するにあたってどのような方針を採るのか。どの部分を修正するのか。また、財源はどのような方法で捻出するのか。

 《個別項目》
・高速道路無料化
・戸別所得補償制度
・子供手当て
・国家戦略局
・2010年参院選マニフェストの有効性

2、主要政策
・補正予算の必要性と規模
・為替介入の是非
・金融政策

・地方と都市の格差
・産業構造(生産性の向上)
・デフレ
・雇用

・医療制度と年金制度の具体性と財源
・消費税見直しの必要性
・消費税を引き上げる場合のタイミングと使途
・地域主権と「新しい公共」の理念と具体策

3、内閣・党・国会の運営
・ねじれ国会の運営について(連立か部分連合か)
・政治主導の現状と今後の対策
・政策調査会のあり方
・企業団体献金の禁止

          ――以上、質問項目

 討論会への出席を申し込んでいる中間派議員は現在(9日)のところ約80人。「政策論議による代表選を実現する会」事務局によれば、出席議員は最終的に150人位になるものとみられる。中間派議員の質問を託されたコーディネーターが正味1時間半にわたって菅、小沢両候補の政策をみっちりと聞く。 
 同会事務長の桜井充参院議員は「マスコミ(記者クラブ)のようなネガティヴな質問内容にしなかった」と話す。あくまでも両候補の政策を吟味したうえで党の代表を選ぼうという意気込みの表れだ。

 討論会はインターネット(ニコニコ動画、USTREAM)で生中継される。日本政治の今後を左右する総理選びに大きな影響を与える討論会だ。投票権のない人も時間が許せば見ることをお勧めする。


posted by 田中龍作 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。