文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年11月21日

全国に広がる「反検察・反マスコミ」デモ

写真
「国民を無知と思うなマスコミよ」「政治家を罪に落として出世かな」。大手メディアと検察を皮肉る川柳を詠みながらデモ行進する参加者。(21日、JR渋谷駅近く。写真:筆者撮影)


 先月24日、銀座で産声をあげた「検察・検審と偏向報道を糾弾するデモ」(主催:権力とマスコミの横暴に抗議する国民の会)は、1ヶ月足らずの間に全国に広がりつつある。

 20日に大阪で、21日には東京と名古屋で繰り広げられたデモは、いずれも大勢の市民が参加し、検察とマスコミに対する抗議の声をあげた。23日には新潟と福岡で行われる予定だ。

 21日、渋谷で行われた「東京デモ」を取材した。集合場所の代々木公園には、手製のプラカードやゼッケンを持った参加者たちが続々と集まった。

 「マスコミは世論誘導をやめろ」のプラカードを手にしている女性(30代)は神奈川県から駆けつけた。「民主党の代表選挙(9月)でマスコミの捏造が分かった。ネットでは『小沢コール』と菅首相へのヤジが聞けるのに、テレビは削除していた。編集された情報がいかに危険か分かった」。彼女はマスコミへの不信感を露わにした。

 千葉県から参加した男性(60代)のマスコミ不信はさらに強い。「諸悪の根源は記者クラブ。マスコミがちゃんとしていれば世の中まともになるはずだ。特に朝日はひどい。朝日を取っているが年内に止める」。男性は憤懣やる方ない様子で語った。

写真
“北方領土を返せ”のハチ巻をしめた男性は北海道出身。「北方領土、ムネオ、小沢と検察はリンクしている」と語る。(代々木公園。写真:筆者撮影)


【100万人署名で検審の情報公開】

 今や検察以上に国民が疑念を募らせているのが検察審査会だ。筆者も「魔境『第5検察審査会』討ち入り報告記」でリポートしたが、ブラックホールのような組織である。

 「東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願」(※)の100万人署名運動が始まった。運動の発起人である“一市民Tさん”(60代・都内在住)の姿がデモ隊の中にあった。

 Tさんは「検察審査会のおかしさをマスコミは報道しない」と憤る。大手メディアに対して検察審査会と同じレベルで不信感を抱いているのである。

 だが当事者の新聞・テレビは当然のように報道しない。自らが批判されている問題には頬被りするのが記者クラブメディアの特徴だ。前回(今月5日)、表参道で行われたデモには、某大手新聞の記者が“敵情視察”に訪れていたが、今回は大手メディアの記者らしき姿は見かけなかった。

(※)
「『小沢一郎議員起訴相当議決』を行った東京第5検察審査会が秘匿する情報の公開を求める請願」

http://minshushugi.net/activity/index/cgi

http://civilopinions.main.jp/


田中龍作の取材活動は読者の皆様によって支えられています。
posted by 田中龍作 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170176951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。