文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年01月16日

記者クラブの非常識「名刺席取り」の実態

写真
これが記者会見名物の席取りだ。「産経新聞・●本昭●」さんの名刺が4枚も置かれていた。マスコミ各社には同姓同名が4人も5人もいるのだろうか。(13日民主党大会、幕張メッセ。写真:筆者撮影)


 産経新聞には「●本昭●」さんが、4人もいるのだろうか?産経ばかりではない。共同通信には「●成●太郎」さんが7人いた。マスコミ各社の人事部は同姓同名が多くて大変だろう。フリーライター・畠山理仁氏の表現を借りれば、「ポーカーの5カード」なんていとも簡単にできる。

 冗談はさておき、これが記者クラブによる席取りの実態だ。アシスタントや1年生が早く会見場に行き、一人の名刺を何枚も席に置いて占有するのである。席を取らせた「上級生」はその後ゆっくりと黒塗りのハイヤーで現れる、という寸法だ。

 早くから来て長い時間並んでも席が取れなかったりするフリーランスやクラブ外メディアは堪ったものではない。正直者がバカを見るのである。

 昨年9月14日の民主党代表選挙の際、社名の書かれた紙を5枚も6枚も会場の席に置いていた某社の若手記者を民主党職員が叱り付けていた。それに反論する若手記者のセリフがふるっていた。「ホントに来るんですよ」。筆者は怒りを通り越して噴き出してしまった。大手メディアの人々の思考回路はどうなっているのだろうか。

 前出の民主党職員は「アイツら非常識だ」と吐き捨てた。世間の常識は記者クラブの非常識、記者クラブの常識は世間の非常識と言って全く差し支えない。

 ◇
田中龍作の取材活動は読者に支えられています。


posted by 田中龍作 at 15:02| Comment(1) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の記事は思わず笑いました。
若い記者さんに温かい気持ちで見て下さい。
「ホントにきますよ」
は使い走りでの、最大の抵抗ですので・・・。

素人から見ると、どんなイベントでもプレスの人が「前」にいて邪魔です。ですが、宣伝してくれるので仕方がありません。
これを非常識だと思うのは、不思議でどんな場面でも、このような優先はあります。

記者の人へは、温かい気持ちで接してい下さい。w 子供扱いみたいな感じでww(特に若い人は)

雑草は雑草らしく、温室の花をうらやましいと思うのはダメだと思う。
雑草だから、こんな笑える記事が書けると思います。
Posted by 思わず・・・・ at 2011年01月17日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。