文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年01月21日

「統一地方選戦えない」の問いに菅代表は全身硬直

写真
「選対本部」の看板を掛ける菅代表と岡田幹事長。(21日、民主党本部。写真:筆者撮影)


 民主党は21日、4月に行われる「統一地方選挙対策本部」を発足させ、菅直人代表や岡田克也幹事長らが党本部に「選対本部」の看板を掛けた。

 有権者に断りのないマニフェストの変更や大儀なき「小沢追放」などにより、民主党に対する国民の支持は落ちる一方だ。統一地方選挙では惨敗が予想されている。

 筆者が「『選挙を戦えない』と地方が悲鳴を上げていますが?」と聞くと、菅代表は全身を硬直させた。その模様は地上波各局のテレビカメラが捉えていたが、果たして放送されるかどうか。


田中龍作の取材活動は読者に支えられています。


posted by 田中龍作 at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菅さんいじめてどうするのw

確かに責任は菅さんにあるけど、菅さんを選んだ「民主党員」が悪いのである。地方が悲鳴を上げるのは自業自得。責任のすり替えでしかない。

メディアの菅さん叩きはヘタレな部分があるけれど、フリーも一緒に叩いてては、同じ路線のヘタレだと思う。

ここでは、
「この方法をすれば自民に地方は勝てますよ!」
とアイデアを出すくらい先進的であってほしいね。
Posted by 菅さん硬直するが at 2011年01月21日 21:35
”民意”として菅を代表に選んだのは地方議員たちではなかったか。
自らの過ちをどうしたらぬぐえるのか、菅たちに甘えて文句を言ってすむものでもあるまい。
国家の緊急事態、身を犠牲にして菅や既得権勢力をぶっ潰す先兵になるべきだと思います。
Posted by 佐平次 at 2011年01月21日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。