文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年01月22日

森ゆうこ議員「陸山会事件は冤罪」とマスコミ叱る

写真
「小沢元代表をめぐる問題は司法の場で決着させるべき」と岡田幹事長に申し入れた森ゆうこ、川内博史両議員。(21日、民主党本部。写真:筆者撮影)


検察審査会の闇を追及し続ける森ゆうこ議員が、意図的な「反小沢」報道を繰り返す記者クラブメディアを一喝した。21日、国会内で行われた党運営に関する記者会見での一幕だ。

 東京地検特捜部は、陸山会の土地購入をめぐって政治資金規正法違反で大久保隆規元秘書を起訴したものの供述調書を取り下げた。石川知裕議員が検察による自白強要を録音したICレコーダーの記録は証拠採用されることが決まった。検察側の公判維持は困難を極めるだろう。

 西松事件は検察が訴因を変更し裁判そのものが消滅している。小沢一郎元代表をめぐる疑惑は冤罪の色が極めて濃いのである。

 にもかかわらず新聞・テレビは事件発生当初から「小沢真っ黒」とばかりに囃し立てた。検察リークによる虚報を垂れ流したのである。

 森議員は「西松事件の裁判はもうありません。陸山会事件は冤罪です」としたうえで「(社名を挙げながら)マスコミは虚報・誤報の経緯を明らかにし、謝罪して頂きたい」。
 森議員がよく通る声で話すと会場は水を打ったように静まりかえった。30人近くいた記者クラブメディアの記者たちは沈黙するしかなかった。「不都合な真実」を突きつけられたためダンマリを決め込んだと言った方が正確だろう。

 「小沢事件」とは既得権益を同じくする記者クラブメディアと検察が仕込んだデッチあげなのである。


田中龍作の取材活動は読者に支えられています。
posted by 田中龍作 at 11:02| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田中龍作様
田中様を陰ながら応援している者です。

彼等(捏造ジャーナリスト共)は人には説明責任を叫び、自身の疑惑には口を噤む愚かな人種です。何処かの首相やその取り巻きと同じですね。田中様達フリージャーナリストが頼りですので、是非この問題を厳しく追及して下さい。そして、マスコミに操られない、国民が自分の頭で考えられる国にしてください。

頑張れ田中龍作
九州のおっちゃんより
Posted by 九州のおっちゃん at 2011年01月22日 12:22
あなたのツイッターを読んで、この『田中龍作ジャーナル』にたどりつきました。
大変な取材環境の中、頑張っておられることに感服致しました。
ツイッターに拡散お願いします。との文字があったので、勝手ながら私のブログに転載させて頂きました。
ちなみに私の@kanmei6でつぶやいております。
今後ともよろしくお願いします。
ご活躍を期待しています。
Posted by kanmei6 at 2011年01月22日 23:57
それにしても、総務省の記者クラブの高圧的なことは驚きだ。税金で作られた建物を、独占的に使う権利などないのだ。ジャーナリズムを優先すべきだ。報道を自由にする方が日本の国益である。
Posted by Orwell at 2011年01月23日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181908865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。