文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年02月07日

【カイロ発】「戦車にひき殺されようとも」

写真

体を張って戦車を止める「反ムバラク派」の民衆。前方にも人々がいる。(7日、タハリール広場。写真:筆者撮影)


 午前8時、タハリール広場。指笛の音がけたたましく鳴ると、人々は脱兎のごとく駆け出した。筆者も同じ方向に走った。広場の北西角に置かれた軍の戦車がエンジンをかけたのだった。

 「広場の中に入って来ようとしている」。一緒に駆ける青年が言った。昨夜、軍が威嚇発砲したこともあり、集会参加者は軍の動向に神経を尖らしているのだ。

 広場の中に置かれたすべての戦車の前には蜂起初日の先月25日から「反ムバラク派」の民衆がはり付いている。ビニールシートを敷き毛布にくるまって夜を明かすのである。

 人々は駆けつけるや手拍子と共にシャンテをあげ始めた。「軍と国民はひとつの手の中にある。軍も国民もエジプト人だ・・・」。カーニバルのような活気だが悲壮感も混じる。

 戦車のキャタピラーに背中を置いている塗装工の青年に聞いた。「恐くないか?」
「恐くない。死ぬ前に戦車の前を去れない。自由のために死ぬ・・・」。

 車上の兵士が仲間の兵士とモゴモゴと耳打ちを繰り返した。指揮所からの指示を伝えているのだろう。戦車はそれから10分後にエンジンを止めた。

 天安門事件のように軍の戦車が民衆に向かって突っ込まないことを祈るのみだ。

 


posted by 田中龍作 at 17:41| Comment(1) | TrackBack(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天安門事件の時はネットがまだ不十分だから、政府の力でねじ伏せることが出来るが、facebook時代は無理なのか?という問いに、どのようにするのか?

これから北朝鮮や中国などは、これをどのようにおもっているだろうか?
Posted by 天安門事件とは at 2011年02月07日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。