文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年02月08日

【カイロ発】 「誰も新聞・テレビを信じちゃいない」

写真

メディア不信を外国人に訴えるプラカード。新聞・テレビへの強い疑念も市民革命の背景にある。(8日、タハリール広場。写真:筆者撮影)


 外国人記者が出入りするタハリール広場の南入り口付近でギョッとするプラカードを目にした。「Egyptian Press Deceiving Us=エジプトのプレスは我々を騙している」。英語で書いているのは外国人記者を通じて国際社会にアピールするためだろう。

 プラカード近くにいた会計士の男性(33才)は筆者がジャーナリストと分かるや一気にまくし立てた―

 「国営テレビは政府のコントロール下にある。民間の新聞も政府の圧力でウソばっかし書く。Nobody believe Egyptian Press。誰もエジプトのメディアを信じちゃいない」。

 「インターネットはどうですか?」

 「インターネットは有用だ」

 ネット上を駆け巡る情報は確かに玉石混交である。だが、人々が自らの理性で価値判断し取捨選択すればよい。タハリール広場の蜂起は象徴的だ。

 新聞・テレビの情報に疑いを抱いていたエジプト国民は、「ネットが火をつけた市民革命」を通じて真実とは何かを声に出せるようになった。日本の新聞・テレビはそれには触れたがらない。

 記者クラブメディアに洗脳され真実を知らされない日本人は、先進国でも例のない民主主義を知らない民族となるだろう。
 
 



 


posted by 田中龍作 at 18:22| Comment(1) | TrackBack(1) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは面白い。
確かにマスメディアは「報道出来ない」ので、この方向性は日本のメディアは「隠匿」するでしょうね。

今回の取材で、国内メディアが、どうのように伝えたかで、鼎の秤になりますね
Posted by これは報道出来ない at 2011年02月08日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

気づかないということの罪
Excerpt: 小沢一郎という人は、どうも胡散臭い感じがして昔から好きになれない。でも、最近の「強制的な起訴」という言葉にもまた胡散臭さを感じてしまう。「布川事件」を勉強してみてしみじ...
Weblog: ☆あんず☆の独り言
Tracked: 2011-02-12 22:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。