文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年02月10日

【カイロ発】 携帯写メールが見守る市民革命

写真

戦車前に座り込んだ「ムバラク打倒派」の人々を携帯電話の内蔵カメラで撮影する市民。(タハリール広場。写真:筆者撮影)。


 「オブザーバーの動画撮影は禁止」などと前時代的なことを金科玉条に掲げる総務省記者クラブの面々が見たら卒倒を起こしそうな光景がタハリール広場で展開されている。

 仕事を終えて広場に繰り込んだ市民が携帯電話の内蔵カメラで戦車前の座り込みを撮影しているのである。撮影した動画やスチールは知人、友人にメールで送る。

 ムバラク政権べったりのテレビ局が放送しなくとも、携帯電話の転送に次ぐ転送で映像はマスの規模での国民の目に触れる。さらには海外にも流れる。さすがの軍もエジプト人がそれも携帯電話で撮影するのを咎めることはできないようだ。

 だが市民がめっきり少なくなる朝は軍も強気に出る。10日朝、兵士が「車両を洗うので戦車を動かす」として座り込みの人々と一悶着起きた。兵士も“援軍”を連れてきて説得にあたったが、「打倒ムバラク派」の人々は聞き入れなかった。結局、戦車は動けなかった。

 体を張ってタハリール広場を死守する人々がいて、それをネットや携帯写メールが見守る。現代通信事情を反映した市民革命がエジプトで進行中だ。


 ◇
田中龍作の取材活動は読者に支えられています。
 
 


posted by 田中龍作 at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | エジプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
非民主国家にとり、今回のエジプト騒動は、ITの力が民主化に大きな役割を果たす「道具」であるという認識を強く持たせた。
ならば、ITの推進は非民主国家にとり、致命的な道具になる。

戦国時代のバテレンの宣教師のような「平等布教」と類似した面があり、人にとっても国にとっても「踏み絵」のような流れが出来る可能性がありますね。
Posted by モバイルの力 at 2011年02月11日 10:57
記者クラブが国際社会で、取り残されていることをこのブログを読んで、改めて認識しました。田中さんの、ジャーナリスト活動は本当に素晴らしいと思います。現在の、エジプトの状況を僕のような、一高校生が知れるということに本当に感謝しています。と同時に、テレビに出演して、ジャーナリスト活動を一切行わない、「ジャーナリストもどき」に本当に呆れます。やはり、ジャーナリストは、現場第一主義であるべきだと、僕は思います。これからも、リアルタイムの情報をブログに掲載してください。応援しています。命には気をつけて!
Posted by 井上遼 at 2011年02月11日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。