文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年02月22日

泥船民主党、小沢氏招き「政治とカネ」聴取

写真
 小沢元民主党代表を招き「政治とカネ」について聴取した党倫理委員会。(22日午前、民主党本部。写真:筆者撮影)。


 どこまでピントの外れた政党なのだろうか。国民の関心とは掛け離れたことにひたすら労力を費やしているのだから。

 民主党はきょう午前、政治とカネの問題をめぐって倫理委員会を開き小沢一郎元代表から事情を聴いた。

 今夕、開かれる常任委員会で小沢氏への処分が決まる可能性もある。執行部の目論見通り党員資格停止処分となれば、小沢氏が支部長を務める岩手県第4区総支部への党本部からの選挙資金提供が止まる。小沢氏は代表選に出馬できなくなる。

 民主党自体がビクともしない鋼鉄船で順風満帆ならともかく、早晩沈む泥舟だ。こんな処分は小沢氏にとっては痛くも痒くもない。すでに泥船より遥かに頑丈な新造船に一族郎党引き連れて乗り移る準備は着々と進んでいるのである。

 倫理委員会の冒頭、渡部恒三名誉顧問は「民主党は国民の信頼に応えるためにも政治とカネの問題にケリをつけなければならない」と述べた。

 黄門様もついにボケたか。小沢氏の政治資金団体による土地取引をめぐっては、検察審査会のズサン極まりない審理が明らかになっている。検察審査会のリークを受けていた新聞・テレビは頬被りだが、ネット上では半ば常識となりつつある。

 政治とカネは検察と記者クラブメディアが作り出したものなのだ。国民の多くが民主党政権に愛想を尽かしたのは政治とカネではない。菅政権のマニフェスト破りであり、自民党より自民党らしい政治に対してだ。

 景気は一向に上向かないのに増税がのしかかるかもしれない。それでなくとも生活は苦しいのに。国民の不安を顧みず内ゲバに血道をあげる菅政権は、早く沈んで頂きたいものである。


 ◇
田中龍作の取材活動は読者に支えられています。





 


       


posted by 田中龍作 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。