文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年03月07日

前原辞任、企業舎弟からの献金は誤記載と釈明

写真
 辞任の記者会見を終えた前原外相。早速記者団がブラ下がった。(6日夜、外務省。写真:筆者撮影)。


 “口先番長”こと前原誠司外相は6日夜遅く、記者会見を開き辞任を表明した。前原氏はあくまでも辞任の理由を「(政治資金規正法で禁止された)在日外国人からの政治献金」とした。

 外相を辞めざるを得なくなった本当の理由は、暴力団のフロント企業からの献金が発覚したからではないかと取沙汰されている。企業舎弟からの献金問題は、4日の参院予算委員会でも追及された。

 記者会見で筆者は上記の事実を挙げたうえで次のように質問した――

 「外相はフロント企業経営者のS氏と6〜7年前知り合った、と言っている。そのS氏は6年10か月前に(脱税)で逮捕された。1審、2審とも有罪。そう言う人物であると知りながら蓮舫(行政刷新)大臣や野田(財務)大臣にS氏を紹介したのではないか?」

 前原氏は「まったく知らなかった。(辞任の)真相ではない。ただ誤記載をしたことは確か」と否定して見せた。

 もし蓮舫大臣に本格的に飛び火するようなことにでもなれば、菅政権は瓦解するだろう。

 記者クラブメディアからの質問は急所を外すものばかりだった。意図的なのだろうか。「菅総理からの慰留は?」「後任(の外相)は誰に?」「外相としてやり残したことは?」・・・前原氏が膝を叩いて喜びそうな質問が続出した。

 菅政権と利害を共にする記者クラブメディアのおかげで真相に迫られずに済みそうだからか。前原外相は終始サバサバした表情で顔色も良かった。『誠司とカネ』の真相はこのまま闇に葬られるのだろうか。
 


田中龍作の取材活動は読者に支えられています。

       
posted by 田中龍作 at 00:55| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほう。
これは特ダネだけど、このブログを読んでいない人はわからないなぁ・・・・・・。

他のブログを1個1個読んだけど、韓国店の焼く肉屋さんの問題だけであり、献金問題について言及しているだけだね。

まだまだ日本の情報統制は立派な証拠だとわかりました。
Posted by 情報統制レベル高い at 2011年03月07日 18:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2011年 3/7 〜3/8 のtwitter発言まとめログ (スパイ・東国原英夫・前原誠司・Kevin K. Maher・蓮舫)
Excerpt: 中東の革命騒ぎ以降段々と中国の検閲は厳しくなってきているようですね。。。 中国政府がさらに検閲を強化、電話で「抗議する」という言葉を口にすると自動的に切断されるという ...
Weblog: 適当日記 Ver2.1
Tracked: 2011-03-26 16:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。