文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年03月19日

旅券求めて長蛇の列、都知事選やってる場合!?

写真
東京都知事選挙、候補者ポスター用の掲示板がお目見えした。(19日、東京・中央区。写真:筆者撮影)


 「東日本大震災」被災地の統一地方選挙が延期されることが特例法で決まった。問題はそれ以外の地域だ。みんなの党は「全国一律延期」を求めており、西岡敏夫参院議長もそれを支持している。政界の外でも全国一律の延期を求める声は少なからずある。

 賛否両論別れるところだが、東京都知事選挙の候補者用ポスター看板が18日、お目見えした(写真・上段)。都知事選は3月24日告示、4月10日投票だ。来週後半には選挙戦の火蓋が切られることになる。

 果たして有権者の関心は選挙に向かうだろうか。日本がかつて経験したことのない大災害に見舞われたのである。被災していなくても、この先自分の生活はどうなるか分からない。多くは不安を抱えている。

写真
旅券申請は3時間半待ち。入場制限で長蛇の列ができていた。(18日、東京都パスポートセンター・有楽町。写真:筆者撮影)


 福島原発の事故処理は後手に回り、政府と東電の情報開示も透明性を欠く。放射能被害を恐れて日本脱出を考える人も少なくないようだ。有楽町の東京都パスポートセンターには長蛇の列ができていた(写真・下段)。入場整理にあたる職員は「日頃の倍、15日から混むようになった」と汗だくだ。

 「お母さん、今日はパスポート取れないよ。3時間半待ちだって」。ミニスカートにブーツ姿の女性は携帯電話に向かって悲鳴をあげていた。

 「大地震・津波」「原発事故」。有権者は大きな不安に心を領されている。「新銀行東京」の失政、批判の多い「築地移転」を争点にしてほしくない石原氏は自らの強みと豪語する危機管理を全面に掲げて選挙戦を繰り広げることだろう。「震災からの復興」「災害に強い都市作り」・・・喧しいフレーズが耳鳴りになりそうだ。

 
 ◇
田中龍作の取材活動は読者に支えられています。





 


       
posted by 田中龍作 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191446762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。