文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年04月24日

週末は「脱原発の日」

写真
反原発デモ。数多くの市民団体が参加した。(24日、芝公園。写真:筆者撮影)


 東京電力・福島原発が爆発事故を起こして40日余りが経つ。日が浅い頃はボチボチだった「反・脱原発デモ集会」も、今では全国各地で繰り広げられるようになった。週末は「原発にノー」を唱える日として定着しそうな勢いさえある。

 24日、東京・芝公園には、市民グループ、環境NGO、労働組合などのノボリが林立した。「もう原発はいらない」「増税反対」など身近なテーマが掲げられている。

 原発問題は電力業界、政府、マスコミが一帯となった思想宣伝により一部左翼だけの運動のように見なされてきた。

 それを一変させたのが福島原発の事故だった。いま国民みなで「原発は本当に必要か」を考え行動する時期に来たようだ。

 
  ◇
田中龍作の取材は読者に支えられています。
 


       
posted by 田中龍作 at 16:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良いですね、とても。
国を変えるのは市民からですね。
情報伝達はフリーに限りますね!

次回はいつですか?
私も参加したいです。

態度と声は人一倍でかいです。
あまり自慢になりませんが。

原発反対!!!
Posted by jannmu at 2011年04月25日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197519445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。