文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年04月26日

【第一報】「生活できない」福島農民が東電に請求書

農民が請求書.jpg
損害賠償請求書を手渡しに東電を訪れた福島県の農民。大きなボトルには牛乳が入っている(26日、東京電力別館。写真:筆者撮影)



 東電福島原発の爆発事故による放射の影響で、酪農、野菜やコメの栽培ができなくなった福島県の農家が26日、東京電力本店を訪れ「損害賠償請求書」を手渡した。
 
 対応した東京電力「福島原発・被災者支援対策本部」の橘田昌哉部長は「会社に持ち帰ってお答します」「原子力損害賠償制度に基づき…」を繰り返した。
 
 農民からは「社長を出せ」「内部留保を吐き出せ」などと怒号があがった。
 
 本店前では福島からバス3台を連ねて来た農民150人がホウレン草、キャベツ、乳牛を持ち込み抗議の声をあげた。
 
           (つづく)
posted by 田中龍作 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。