文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年02月21日

sengoku38氏、今語るYouTube投稿の真相

写真
 自由報道協会主催の記者会見で答える一色正春・元海上保安官。メディアへの露出はこれが最後になりそうだ。(21日、海洋船舶ビル。写真:筆者撮影)。


 2010年、最大の国内ニュースを提供した男は言葉少なだった。典型的な行動派だ。昨年11月、尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に中国漁船が体当たりしてくる映像をYouTubeに投稿したsengoku38こと元海上保安官の一色正春氏が21日、記者会見(主催:自由報道協会)を開いた。

 オールドメディア全盛時代であれば、この種の映像はテレビ局に持ち込むものと相場が決まっていた。だが一色氏は先ずCNNに送った。取り上げてもらえなかったため地元神戸のインターネットカフェからYouTubeに投稿した。

 海外メディアに映像を送った理由について一色氏は「一発勝負なので失敗したらいけない。海外メディアの方が成功しやすい。世界に向けて発信する場合、第三国のメディアの方が客観性があるから」とした。

 一色氏は日本のテレビ局への批判は控えた。だが、「海外のメディアの方が成功しやすい」というのは、“日本のテレビ局に持ち込んだらお上に抜ける危険性がある”ということだ。

 第三国のメディアの方が客観性があるというのは、内向きの日本メディアに対する遠回しの批判だ。日本のメディアは外遊先での総理の記者会見も日本の記者クラブだけなどと排他的だ。一色氏が求めた客観性などない。

 YouTubeへの流出をめぐっては識者や政治家から「国家の規律が守れなくなる」「2・26のようなクーデター」などとする批判的な見解が数多くあった。

 これに対する一色氏の答えは明快だった。「本当のことを明らかにしたことがクーデターというのはおかしい。一公務員がビデオを公開したくらいで、政府がひっくり返るとか右往左往するのはどうかと思う」。
 
 当事国中国のメディアからも質問が飛んだ。記者クラブ主催の記者会見ではありえないことだ。香港フェニックスTVの李記者は一色氏の本音を引き出した―「(尖閣沖)事件から5か月が経ったが中国へのメッセージがあれば教えて下さい」

 一色氏は次のように答えた。「中国が真相を明らかにしたいのであれば日本にプレッシャーをかけて『ビデオを全部見せるように』要求して下さい。レアアースを禁輸するとか言って」。

 一色氏の答えは、日中の力関係と官邸の対中外交姿勢を象徴している。映像流出事件はこうした環境下で起きた。一色氏のこのコメントに事件が凝縮されているように思えた。


 ◇
田中龍作の取材活動は読者に支えられています。





 


       
posted by 田中龍作 at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

「菅首相は退陣せよ」市民デモ

写真
国民を裏切った菅政権への怒りは強い。右隣の男性は検察の裏金を告発したため逮捕・起訴された三井環元検事。(20日、明治公園。写真:筆者撮影)


 菅直人首相の退陣を求める声は街頭にまで広がった。市民400人が20日、都心でデモ行進したのである。主催は「権力とマスコミの横暴をただし人権を守る国民の会」。「検察審査会問題」を糾弾し「記者クラブの解体」を訴えている会だ。デモはこの日で6回目となる。

 「菅首相退陣」を唱えるのは、菅政権誕生の経緯が「検察・記者クラブ」と密接不可分だからだ。首相選びともなる昨年9月の民主党代表選挙で菅氏を勝利に導いたのは、無理筋を承知で小沢氏立件に突き進んだ検察と「反小沢キャンペーン」に血道をあげた記者クラブメディアである。

 埼玉県春日部市から駆けつけた主婦(50代)は「次の世代を考えた時、日本が心配だから」とデモに参加した理由を語る。「冤罪はひどい。マスコミもひどい」と眉をしかめた。彼女はおかしな報道があった時はテレビ局や新聞社に電話を入れ、その内容をチラシにして地域で配る。
 
写真
「 菅政権は退陣せよ、マスコミに騙されるな」とシュプレヒコールをあげる長蛇の列。(20日、JR原宿駅前。写真:筆者撮影)


 『命がけで応援した政権交代だったのに』と書いた手製のプラカードを持つのは、常連の女性だ(70代・女性=草加市在住)。

 彼女は「永田ガセメール事件」を受けた衆院千葉7区補欠選挙(06年4月)から、私財を投げ打ち体力の限り民主党の選挙を応援してきた。そのため病気になったほどだ。「菅政権の体たらくは許せない」と歯噛みする。

「菅政権は退陣せよ。マスコミに騙されるな。若者よ目覚めろ」。若者で賑わう原宿にシュプレヒコールが響いた。


 ◇
田中龍作の取材活動は読者の皆様によって支えられています。
posted by 田中龍作 at 19:46| Comment(1) | TrackBack(0) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

フリー記者らが「自由報道協会」を設立

写真
小沢氏記者会見。記者クラブ主催ではないためフリーランスが自由にネット中継し、小沢氏の話をありのままに伝えた。(27日、原宿ニコ生スタジオ。写真:筆者撮影)


 ジャーナリストであれば誰でも記者会見に参加できる「日本自由報道記者クラブ協会(自由報道協会)・仮称」をフリーやネットメディアの記者らが27日、発足させた。

 日本の国や地方の役所には「記者クラブ制度」があり情報を独占してきた。大手新聞社・テレビ局・通信社が大臣、首長の記者会見や政策の発表をひとり占めし、自分たちの報道によって初めて世に知らしめるというシステムである。

 「自由報道協会」を立ち上げたのは10〜20年以上も記者クラブによる排他的独占と戦ってきたフリージャーナリストの上杉隆氏やネット記者の神保哲生氏ら10数名。

 「自由報道協会」の記念すべき第1回目記者会見のゲストは、小沢一郎・元民主党代表だった。小沢氏が新聞・テレビに叩かれるようになったのは、自民党幹事長時代(89年〜91年)に誰でも入れるように記者会見をオープン化したことからだ。

 「記者会見はサービスだ」と言った小沢幹事長(当時)の言葉を新聞・テレビは「小沢氏は『記者会見をしてやってるんだ』と言い放った」というような趣旨で伝えた。

 小沢氏の真意は全く違う。「政治家の記者会見というものは、国民が等しく享受することができる公共のサービス」という意味なのである。

写真
衆院本会議の合間を縫って小沢氏は記者会見に出席した。(27日、原宿ニコ生スタジオ。写真:筆者撮影)


 原宿のニコ生スタジオで27日開かれた記者会見で筆者は小沢氏に聞いた――
「小沢さんほど記者クラブメディアが作り出した悪役のイメージが国民の頭に刷り込まれた政治家は例がない。記者クラブをどう思うか?」。  

 小沢氏は一度息を吸い、吐き出すように答えた――
「会見する意味がない。こちらがいくら説明しても分かってくれない。FCCJ(日本海外特派員協会)ではお互いに意見が違っても『あなたはそう考えるのか』と理解してくれる。ところが(日本の記者クラブメディアは)片言隻句を捉えて悪く書きたてるだけ」。

 この日の記者会見は、ビデオニュース・ドットコム、ニコニコ動画はじめ数々のフリーランスがライブでネット中継した。編集は一切なし。ありのままの「小沢一郎」を伝えたのである。
 
 小沢氏には悪役でいてもらわねば不都合な記者クラブが、フリーのネット中継を排除するわけがここにある。

 「自由報道協会」は記者クラブのような排他的なスタンスはとらない。27日の記者会見では大手メディアの「小沢番記者」達が会場の外で待った。

 「自由報道協会」の受付スタッフは大手メディアの記者に次のように説明した。「記者会見のオープン化に向けて前向きな姿勢であることを示し、名刺を置いてお入り下さい。出席者の名前はウェブ上で公開することになっています」。

 結局、記者クラブメディアからの出席者は一人としてなかった。彼らは公の場であるのにもかかわらず、顔や名前をさらすことを極端に嫌がる。何事も密室で決めるのがお好きなようだ。

 「自由報道協会」は記者クラブのように情報を独占することなく、毎週ビッグなゲストを呼んで話を聞く。

 ◇
田中龍作の取材活動は読者の皆様によって支えられています。
posted by 田中龍作 at 23:05| Comment(5) | TrackBack(2) | ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。