文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2010年09月30日

細野氏訪中のナゾ 不安つきまとう「仙谷官邸」外交


写真
「仙谷官邸」の対中国外交に超党派で抗議する議員たち。(25日、有楽町マリオン前、写真:筆者撮影)


 “密使”と言われながら、なぜか北京空港で民放カメラに捉えられた細野豪志・衆院議員の訪中。菅首相は「まったく承知していない」(29日)と否定し、前原外相は「あれは政府と全く関係ないですから」(同日)と突き放す。

尖閣諸島沖で海上巡視船に中国漁船が衝突した事件をめぐって膠着した日中関係に打開の糸口は見えない。軍事区域に無断で立ち入ったとして中国治安当局によって拘束された準大手ゼネコン「フジタ」の日本人社員4人は、細野氏が訪中した29日の時点ではまだ身柄を押さえられたままだった。

このためさまざまな憶測が飛んだ。「4人の解放を中国政府に求める菅首相の親書を携えている」とする報道が主流であった。細野氏が小沢前幹事長に近いことから「小沢氏が背後で動いた」とする説も根強かった。

だが、小沢氏に近いある衆院議員は筆者の電話取材に「小沢じゃないみたいだ」。それでは、「首相の密使」なのだろうか。それを解明するうえで大きなヒントとなったのは、30日の岡田克也幹事長の記者会見だ。

 岡田幹事長は、「(細野氏の訪中を)事前に知っていたが党としては全く関与していない」と繰り返し否定した。そのうえで細野氏に同行している民主党の職員については「今は官邸のスタッフ」だとした。

 「官邸の密使」であることを岡田幹事長が示唆したのである。菅首相は「承知している」と答えると密使にならないため否定したのだ。仙谷官房長官も30日になって「(細野氏の訪中を)事前に知っていた」と密使であったことを暗に認めた。細野氏個人の資格でできる案件ではない。

 細野氏の訪中をめぐっては話が一ひねりある。「北朝鮮当局者とも会っていたようだ」、というのだ。前出の小沢氏に近い議員が明かした。小沢氏は拉致問題をめぐって北朝鮮との交渉を中国で密かに続けており、細野氏が中国政府を仲立にして北朝鮮と交渉を持ったとしても不自然ではない。

 細野氏訪中の結果として拘束されていた「フジタ」の日本人4人のうち3人は解放された。そのうえ拉致問題の解決に向けて北朝鮮とも交渉とくれば、なかなかやるじゃないか、と感心していた。

 ところが拉致問題のエキスパートは一笑に付す。中山恭子・元拉致問題担当相は「官邸のスタッフが同行しているということはカネ。北朝鮮がその官邸スタッフをよほど信用していない限り、力のない人物が出て来て金をふんだくるだけになる」。

 細野氏が中国で北朝鮮と交渉を持ちカネを巻き上げられたと確定したわけではないが、「仙谷官邸」の外交には不安がつきまとう。



田中龍作の取材活動は読者の皆様によって支えられています。


posted by 田中龍作 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

可視化議連幹部、「政府がやる気ないからね」


写真
「取調べの全面可視化を求める議連」会合。今、最も関心の高いテーマだけに議員席は満席になり、大勢の報道陣が詰めかけた。(28日午後2時、衆院第2議員会館。写真:筆者撮影)


 検察による自白調書の信憑性が疑われ元厚労省局長の無罪判決が確定した郵便不正事件で、改めて取り調べの可視化を求める声が強まっている。こうしたなか「取調べの全面可視化を実現する議員連盟(民主党)」の会合が28日、衆院議員会館で開かれた。

 この日の会合では元検事で名城大学教授の郷原信郎氏が講演した。郷原氏は検事出身らしくツボを突きながら検察の組織のあり方を次のように批判した――

 ストーリーを一度設定したらダーッと突っ走ってゆく。「割り屋(被疑者の供述を取ることに長けた検事)」として、前田検事が重宝されてきたことを考えなければならない。この事件の本質は構図が破綻しているのに村木元局長を逮捕、起訴し有罪を取ろうと進めてきたことにある。最高検は当事者だ。

 その最高検が(特捜検事によるデータ改ざん事件)の調査(検証)をすることが許されるだろうか。弁護士など外部の第3者を入れた調査チームを作る必要がある。

 検察の現状は放置し難い。特捜事件の取調べは全面可視化すべき。可視化をしなくていいという理由はひとつもない。〜郷原氏の話はここまで〜

 郷原氏が講演していた頃、衆議院会館の目と鼻の先にある法務省では最高検の検証チームが初会合を開いていた。外部の有識者の意見を踏まえるというだけで、検証チームは検察の部内者のみによって構成される。伊藤鉄男次長検事を座長に検事13人からなる。郷原氏の懸念は不幸にも的中した。

 「取調べの全面可視化を求める議連」は今年1月、小沢一郎前幹事長の資金団体「陸山会」の土地取引をめぐり、石川知裕議員が政治資金規正法違反で逮捕されたことをきっかけに発足した。石川議員は「検事に誘導された」として罪状を否認する方針を固めている。この事件では小沢氏の元秘書3人が逮捕、起訴され、小沢氏も執拗なまでに東京地検特捜部の事情聴取を受けている。

 「可視化議連」の大半は先の民主党代表選挙で小沢前幹事長を支持した議員たちだ。27日付の拙稿で述べたように、仙谷由人官房長官は政敵・小沢一郎を屠るために、可視化を握り潰す構えである。

 会合の後、議連のある幹部は「政府があまりやる気ないからね」とこぼした。


田中龍作の取材活動は読者の皆様によって支えられています。
posted by 田中龍作 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

中国人船長釈放の裏に―可視化と引き換えた仙谷官房長官


写真
スピーカーの音量を一杯に上げて中国人船長の釈放に抗議する団体。前方に見えるのは首相官邸。(27日、写真:筆者撮影)


 日中双方が領有権を主張する尖閣諸島沖で海上保安部の巡視船に中国漁船が衝突した事件。公務執行妨害で逮捕し拘留延長までした中国人船長を那覇地検が“外交的配慮”で25日、突然釈放した。不可解極まりない動きの裏には仙谷由人官房長官の姿が見え隠れする。取り調べの可視化を握り潰して検察庁に「貸し」を作った官房長官が、今回の事件では検察を動かしたようだ。
 
 那覇地検の鈴木亨次席検事が「今後の日中関係を考慮すると…」とメモを読み上げれば、仙谷官房長官は「(釈放は)那覇地検の総合的な判断と理解している」とシャアシャアと述べた。ご両人の話に納得する国民はほとんどいない。

 “いつから検察庁は外交判断をするようになったのか?”と国民の多くは首を傾げる。“きっと仙谷さんが最高検を動かして釈放させたんだろう”との見方が広がっている。筆者は真相を探るべく永田町を歩いた。政界関係者の話を総合し、時系列で報告する――

 7日、尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した。故意にぶつけてきたと見た現場の海上保安官は「公務執行妨害」と判断し、船長の身柄を拘束。海上保安庁から報告を受けた政府は、逮捕すべきか、慎重かつ穏便に扱うべきかで意見が分かれていた。

 逮捕すべきと強硬論を唱えたのは、海上保安庁を所管する前原誠司国土交通相(当時)と岡田克也外相(当時)。これに対し仙谷官房長官は慎重論を唱えた。菅直人首相をよく知る民主党関係者によると、首相は強硬派に乗った。結論は「逮捕」となったが、大モメにモメた。身柄拘束から逮捕まで12〜13時間も要したのはこのためだ。

 20日、事件は官邸と検察庁にとって予期せぬ展開となる。準大手ゼネコン「フジタ」の日本人社員4人が中国治安当局に身柄を拘束されたとの第一報が政府にもたらされたのだ。軍事区域でビデオを回したというもので、スパイ罪が適用されれば死刑もありうる。

 船長を既定方針どおり起訴まで持ってゆけば、中国は報復として「スパイ罪」を適用することもありうる。「(強硬派に乗った)菅さんはただオロオロするだけだったはず」、前出の民主党関係者は語る。

 22日、菅首相と前原外相が国連総会出席のためニューヨークに発つ。

 24日昼前後、仙谷官房長官と大林宏検事総長が会談。

 仙谷氏と検察庁は「小沢憎し」でつながる。「検事総長人事の国会承認」「取り調べの可視化」など検察改革を唱える小沢前幹事長は、検察にとっても不倶戴天の敵である。

 「政権交代直後から仙石さんと検察は『反小沢』で気脈を通じて示し合わせていた。取り調べの可視化を参院選挙のマニフェストから外させたのは仙石さんだ」、可視化に深く関わった民主党関係者は解説する。可視化潰しで検察庁に貸しを作ったと冒頭書いたのは、このことである。

 仙谷長官は財界からの突き上げなどもあり、船長を釈放してこの問題を早く決着させたかった。ただ政府が釈放させたという形にはしたくなかった。「政府は中国の圧力に屈した」とする批判が沸き起こるからだ。

 指揮権発動を避けたい大林検事総長の心理を見透かしたように、仙谷官房長官が促した。大林検事総長は那覇地検に船長の釈放を命じた。

 那覇地検の鈴木次席検事は釈放発表の記者会見(24日午後)で「今後の日中関係を考慮すると…」などと述べた。“捜査機関にあるまじき決定をさせられたのは、官邸からの圧力だった”ことを当て付けたっぷりに表したものだ。

 反小沢で検察庁を味方に引き入れ、思惑通り事を進めた仙谷官房長官にも大きな誤算があった。船長の拘束を解けば中国は上げた拳を下ろすものと思っていたら、その逆だった。中国は要求をエスカレートさせ船長を拘束したことへの謝罪と賠償を求めてきたのだ。官房長官の猿知恵は裏目と出たのである。

「あれは仙谷さんのミス」。こんなフレーズが今、議員会館で飛び交っている。


田中龍作の取材活動は読者の皆様によって支えられています。
posted by 田中龍作 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。