文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2009年08月16日

《自爆テロ》 旧日本軍が世界に残した負の遺産

写真
ハマス党員は「カ・ミ・カ・ゼ」と答えシニカルな笑みを浮かべた(ガザで、写真=筆者撮影)


 靖国神社の遊就館に展示されているゼロ戦を見ると、驚きを通リ越して呆気に取られる。「こんなオモチャに毛の生えたような飛行機で米国の巨大戦艦に体当たり攻撃をかけていたのか」と。

 パレスチナやアフガニスタンなどでは、身一つに爆弾を携え強大な敵を殺傷する攻撃方法が常套戦術となっている。言わずと知れた自爆テロである。

 2001年、「9・11テロ」が起き世界を震撼させた。マンハッタンの超高層ビルにジャンボ機で突っ込む攻撃は「神風(特攻隊)」からヒントを得たものだ、と報道したマスコミもあった。筆者は当初、半身半疑だった。

 南アジアに自爆テロ攻撃で政府側を畏怖させる武装勢力があった。この4月に壊滅されるまで30年近くに渡って内戦を繰り広げていたLTTE(通称:タミルタイガー)である。
 
 1991年、インドまで出かけて行きラジブ・ガンジー首相を暗殺、99年にはスリランカのクマラ・トゥンガ大統領に重症を負わせている。政府軍施設や幹部将校・兵士への攻撃は数知れない。いずれも自爆テロである。

 筆者はLTTEが完全支配していたキリノッチ県の政治局本部を訪れ、スポークスマンに自爆テロの意図などを聞いた。担当者は「カ・ミ・カ・ゼ」と答えニヤリと笑った。

 ガザでもハマス党員に「自爆テロで死ぬのは恐くないか?残された家族のことは心配にならないか?」などと尋ねた。この党員も「カ・ミ・カ・ゼ」と答えるのだった。LTTEのスポークスマン同様、シニカルな笑みを浮かべていたのが印象的だった。

 2人の皮肉たっぷりの笑みは筆者に対して「生きて還ることのない体当たり攻撃を編み出したのは、オマエの国じゃないか」と語りかけているようだった。
posted by 田中龍作 at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | テロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。