文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2009年10月04日

高級洋品店滅びてユニクロあり

写真
「ユニクロ銀座2号店」。つい先日までは高級メンズ洋品店があった(写真=筆者撮影)


 「ユニクロ銀座2号店」が2日、オープンした。「1号店」の南隣だ。これまではアメリカン・トラッドのメンズ洋品店が営業していた。ジャケットが1着5万円前後もする。ユニクロの約10倍だ。冷やかしで何度か覗いたことがあるが、客はまばらだった。

 景気の冷え込みは戦後最悪といわれる。スーパーの食料品に限らず、日常生活で使うありとあらゆる品物が安さを競うご時世だ。天下りの元高級官僚か日航出身の年金生活者でもなければ、1着5万円もするジャケットに袖が通せるはずもない。

 三越百貨店では早期退職者を募るという。35歳以上が対象だそうだ。若い世代もで肩叩きに遭うのか、と驚いた。倒産前の会社の常で、優秀な人材から逃げ出していくだろう。「高くても上等であれば売れる」時代は終わった。
posted by 田中龍作 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。