文字サイズ

田中龍作ジャーナルはサイトのアドレスが変わりました。
新サイト最新記事 (http://tanakaryusaku.jp/



2011年05月01日

【会計報告 4月期】

●読者の皆様よりご支援頂いた基金
 (3月30日〜4月30日)

 297,500 円

●支出

・交通費:
電車・バス代 3,100円(数字が丸いのはパスモ購入による)      
/タクシー代  28,840円(原発事故絡みの記者会見、国会院内集会などが頻繁に行われたため、タクシーで移動しないことには間に合わず。止む無く使用。)

・被災地取材(宮城、福島)
 ビジネスホテル代 2泊 12,140円

・柏崎原発取材
  ビジネスホテル代 1泊 6,830円
 
  新幹線料金・往復2人分 39,800円
 (ボディーガード役のカメラマンの分も含めて)

 タクシー代 8,560円

・靴:9,890円(2度底を打ちかえたが、靴全体が崩れた。エジプト、東北被災地でも使用)

・電話料金:NTT 5,724円/ 携帯 21,972円

・データ通信費(Eモバイル):1,321円

・プロバイダー料:2,625円

・新聞購読料:8,085円

・ブログメンテ費:1万円、名刺デザイン料5,000円

・文房具(ボールペン、マーカー等)1,240円

・書籍代:2,640円

・衣料 (上着・シャツ・スラックス・帽子) 41,200円
 人と会うことが多くなった為、くたびれてヨレヨレだった夏物を新調した。

――支出計  208,967 円

●今月の収支(今月ご支援頂いた基金−支出)
88,533円

●前月の繰越金
 27万0742円

●今月の繰越金 (前月繰越金+今月の収支)

359,275円


●追記
 さる篤志家の読者の方から、まとまった金額を援助くださるとのお申し出がありました。面識のない方で関西方面にお住まいとのことです。原発報道を見て関心をお寄せくださいました。
近く被災地に再び入りたいと思っておりますが、中東民主化の行方も気がかりです。国内外の大がかりな取材行の原資とさせていただきたく考えております。


――以上2011年4月期 会計報告


 原子力安全委員会、原子力保安院、文科省、東京電力の記者会見(夕方の部)が25日から一本化されました。「発表する数字に齟齬が出たりするのを防ぐため」(細野豪志・統合本部事務局長)ということです。

 身一つしかなく掛け持ちが難しいフリーランスにとっては有難い面もあります。ただし合同記者会見の出席には事前登録が必要なのです。登録の事務手続きは保安院が行っています。

 「雑誌協会」「全国地方紙協会」「日本インターネット報道協会」などに記事執筆していることがフリーランスの条件となりました。

 私は「日本インターネット報道協会」の一員として首相官邸の記者会見にも出席しています。何の心配もせず登録申請したところ、保安院からあっと驚く返事がきました。「協会の一員であることが確認できない」と言うのです。

 さらに驚いたのは一員であることを確認するために「会社の概要」「業務内容」「規約」を送れ、というのです。
 それを告げてきたのは土曜日の夜11時半、締め切りは日曜日の正午です。無理難題という他ありません。

 全国地方紙協会に執筆しているN氏も同じことを言われたそうです。北海道新聞から沖縄タイムズまで40社の「会社概要」を土曜の深夜にどうやって集めろというのでしょうか。

 身分を確認するのなら記者証や執筆記事で十分であるはずです。官邸も外務省もそうでした。

 知人のフリーランスたちと連絡を取り合っているうちに『謎』が判明しました。

 東電の記者会見で大人しいフリーランスのA氏は「会社概要」を送れ、などとは言われず、早々と“当選”が決まっていました。

 無理難題をつきつけられたN氏や私は東電から嫌がられる質問を繰り返しています。選考基準は東電が決めたと考えるのが妥当ではないでしょうか。「A氏」と「N氏、田中」を区別するものは東電記者会見での“お行儀”しかありません。

 結局、政治折衝によりN氏や私は救済され合同記者会見に出席できることになりました。東電の思惑通りには行かなかったようです。

 東電、霞が関、自民党、民主党電力族、記者クラブメディアが40年間に渡って刷り込んできた「原発安全神話」に切り込むのは容易ではありません。

 それでも読者の皆様が支えて下さる限り追及の姿勢は変えずに頑張る所存です。今月もご支援本当に有難うございました。

              2011年(平成23年)4月30日
                   田中龍作

posted by 田中龍作 at 10:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

【会計報告】3月期


●読者の皆様よりご支援頂いた基金
(2月26日〜3月29日)
   19万3,546円
    
●支出
・交通費:2万1,000円(今月は1日数回東電に行くなどしたため普段の月よりも幾分嵩んでいます。都内取材〜数字が丸いのはパスモ購入による)

・電話料金:KDDI 2,585円 /NTT 5,724円 
      携帯 43,903円 (エジプトとの通信費、1か月遅れで請求)

・データ通信費(Eモバイル):1,321円

・ブログメンテ費:1万円

・BBC視聴料:1,450円

・プロバイダー料:2,625円

・新聞購読料:8,085円

・文房具(ノート、コピー用紙等):1,380円

・名刺印刷(増刷):1,400円

・書籍代:2,380円

――支出計 10万1,853円

●収支(基金から支出を差し引くと)
 9万1,693円

●前月の繰越し金
  17万9,049円

●今月の繰越し金
   27万742円 

―――以上、3月期の会計報告でした。

 東北地方を襲った大地震・津波と共に、福島原発事故が発生しました。地元福島県産の野菜は出荷停止。放射能汚染による影響は一時、東京の飲み水にまで及びました。この先どこまで広がるのか予測もつきません。

 東京電力の体質が「福島原発事故隠し」(2002年発覚)以来、全く改善されていないのには愕然とさせられます。スリーマイル島原発事故(1979年)を遥かにしのぐ福島原発事故は、明らかに人災です。

 今こそジャーナリズムが真相を暴かねばならないにもかかわらず、記者クラブは及び腰です。民放は質問らしい質問もしません。東電が大広告主だからです。

 記者会見で東電を厳しく追及しているのは雑誌、フリー、ネットです。『田中龍作ジャーナル』は市民の目となって実情を伝えてゆきます。

               2011年(平成23年)3月30日
                    田中龍作
posted by 田中龍作 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

【会計報告 2月期】 1月26日〜2月25日


■皆様にお寄せ頂いた基金(1月26日〜2月25日)
 22万6,139円

■支出
●飛行機代:24万3,340円

●ホテル宿泊代:18万円(12泊)
(インターネットが使えるホテルに宿泊する必要があったため)

●ホテルからの通信費など:5万2,134円
(インターネットはナローバンドで送信に時間を要し、しかも使用料が高額だった為)

●コーディネーター+タクシー費:15万2,000円

●メモリーカード3枚:5,640円

●カイロ発信情報のバックアップ報酬:10万円
(回線事情が劣悪なエジプトから拙ジャーナルへのアップに万全を期するため、東京のネット技術者を2週間拘束した。)


●KDDI費:3,325円

●携帯電話通信費:2万4,610円

●旅行用カバン:3万9,900円
(ジャーナリストの入国を規制しているとの情報もあり、
観光客を装うためいかにも旅行客らしいカバンを購入した)

●スカイライナー往復:4,800円

●パスポート更新費:1万8千円

●パスポート用写真:1,800円

●保険:1万1,672円

―以上エジプト市民革命取材・・・支出計 83万7,221円

●都内交通費 :9千円

●NTT固定電話:5,948円

●書籍代:2,685円

●BBC視聴料:1,450円

●新聞代:8,085円

●プロバイダー料:2,625円

●データ通信費:5,302円

●ブログメンテナンス費用:1万円

●新ブログ(ドットコム構築中につき):3万円

●ポケットカメラ:2万4,360円
(カイロ取材で小型カメラの必要性を痛感、帰国後すぐに購入)

      ・・・都内取材経費計 9万9,455円

■支出計
 93万6,676円(うち市民革命取材=83万7,221円。エジプト取材は結構費用を要しました。パック旅行ではないため、エコノミーでも飛行機代が高くなります。ホテル代も団体割引はありません。通信費、コーディネーター費、タクシー代もかかります)

■前月時点の繰越金
 88万9,586円

■今月時点の繰越金
 17万9,049円

―以上、2月期の会計報告でした。

★皆様のおかげで「エジプト市民革命」を取材、報告することができました。独裁政権下で物言えなかった人々のつぶやきをつなげて大合唱にまで持って行くネットの力の凄まじさに改めて驚いた次第です。

 日本では菅直人の悪口をいくら言おうが秘密警察に捕まることはありません。マスコミが国民を代表して政府批判をしていると錯覚させられているからです。巧妙な洗脳です。マスコミすなわち記者クラブメディアの報道基準は、「業界の利益に適っているか否か」です。国民の声など反映していません。

 市民運動家出身の政治家が総理になった途端、財界、霞ヶ関、大労組の言いなりになりました。本来ならばジャーナリズムがこれを批判しなければならない筈なのですが、記者クラブも利益を共にしているために頬被りです。

 市民が独裁政権を倒す。世界に広がるネット革命のうねりの中で、生活者の視点に立った報道の必要性をかつてない程感じています。自分の人生で一番の踏ん張り所が来たようです。これからもご支援宜しくお願い致します。

             2011年(平成23年)2月25日
                  田中龍作

 
posted by 田中龍作 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 会計報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。